top of page
  • wakatakegroupjp

Mediterranean International Cup(地中海国際カップ)

この度弊社では、毎年スペイン / ジローナで開かれるMIC FOOTBALL 2024に参戦致しました。

今年、弊社WAKATAKE GROUPはMIC FOOTBALL 2024との独占契約を締結致しました。

内容としては、当大会に日本から参戦するチームの日本総代理店とし、約全カテゴリ-合わせ10クラブ

のサポート運営に携わりました。

では、コスタ・ブラバ(スペイン)にて先日開催された地中海国際カップ(MIC)を振り返ります。


集合写真


• 開催日程:2024 年 3月26日~31日

•⁠ ⁠会場:ジローナ(スペイン)、“コスタ・ブラバ”の複数都市および村

 o スペインには 17 の自治州があり、そのひとつがカタルーニャ

 o カタルーニャは 4 つの県で構成され、ジローナは北東部に位置する県(フラン ス国境の南側、地中海に面する)

 o コスタ・ブラバはジローナ沿岸の観光地全般についてスペインで一般的に用 いられる呼び名

•⁠ ⁠主催者: https://micfootball.com/

•⁠ ⁠メインスポンサー:カイシャバンク(スペインの主要銀行のひとつ)、プーマ(スポー ツブランド)、

 ディプタシオ・デ・ジローナ(スペイン、ジローナ県自治体)

•⁠ ⁠RFEF(スペインサッカー連盟)協力


何百ものチームが参加し、ラ・リーガのトップクラブや他の欧州主要リーグからも若手選手たちが“コスタ・ブラバ”へ集結し、8つの異なる年齢カテゴリーが設けられ、50 以上の会場で競技を開催。すべての試合にスペインサッカー連盟の公式審判がつけられ、 宿泊・交通・食事のフルサービスが提供され、多くの試合がストリーミングやテレビで中継された。美しいビーチや景色、豊かな文化遺産も忘れてはならない。

素晴らしいロケーションの中で選手一同奮闘した。


• 各カテゴリー優勝チーム

U19 ビジャレアル CF Final 1 - 0 vs ジローナ FC

F19 CD FONTSANTA FATJO Final 2 - 0 vs アンドラ代表

U18 FC アンドラ Final 2 - 1 vs オリンピック・マルセイユ

U16 FC バルセロナ Final 1 - 0 vs ジローナFC

U15 アトレティコ・マドリード Final 1 - 0 vs ビジャレアル CF

U14 RCD エスパニョール Final 1 - 1 (PK 6 - 5) vs FC アンドラ

U13 FC アンドラ Final 2 - 0 vs AC ミラン

U12A FC バルセロナ Final 2 - 2 (PK 7 - 6) vs レアル・マドリード CF

U12B FC バルセロナ Final 2 - 2 (PK 2 - 0) vs RCD エスパニョール


• 各カテゴリー大会結果

Wakatake U-14 : Wakatakeから出場した最年⻑チームは、(100以上の出場チームの中から)トップ16 に進出。

チームの中で最高成績となった。⻑年にわたってWakatake グループとパートナー関係にあるプロクラブのひとつ、レアル・ソシエダをPK戦の末に下した勝利は決して忘れることができない。最後はラウンド16でFCアンドラに敗戦。そのアンドラは惜しくもこのカテゴリーでの優勝に届かず、準優勝で大会を終えた。

• プレMIC:同チームはMICの大会前にいくつかのカテゴリーで開催された親善大会、プレMICトーナメントで勝利を飾った。あまり対戦機会のないチームが参加したため、MIC出場前に貴重な準備を積むことができた。


レアルソシエダ



JPセレクト(U-14):これまで他の大会では一度も一緒にプレーした経験のないチームであり、 プレーの連携を取るまで数試合が必要にはなったが、ディフェンスは非常によく戦えていた。 グループステージでの厳しい戦いに続いて、コンソリデーションフェーズ(チャンピオンシッ プ・ノックアウトフェーズに勝ち残れなかったチームによるラウンド)でも2つの素晴らしい試合を行い、1戦目に勝利を飾った。


Wakatake U-13:このカテゴリーの中でも非常に若いチームであり、大会が進んでいくにつれてそこが重要なポイントとなったが、選手たちの見せた姿勢は素晴らしいものだった。試合に敗れようともチームと監督は決して気落ちせず、プライドを示した。また、非常に手強いチームを相手との2試合を僅差のスコアで持ちこたえることができた。


Wakatake U-12(11人制):MICは予想されていた通り厳しい戦いとなり、グループステージでは2試合の接戦を演じたが、チャンピオンシップ・ノックアウトフェーズへ勝ち進むことはできず。コンソリデーションフェーズでも初戦で敗れる結果に終わった。それでも、レジェンドの岩本輝雄氏(元日本代表10番)とINSTINCT BROTHERS代表取締役会⻑兼CEOの永野友喜氏が指導するこのチームは、レアル ・マドリードなどと対戦し数日間を通して大きく成⻑。何人かの選手は、今後数カ月間Wakatakeグル ープの主催するスペインでの集中プログラムによって成⻑プロセスを継続していくことになる。また、遠征メンバー全員から気に入られたイタリア人GKジュリオとの間で素晴らしいつながりを築いたことにも言及しておきたい。


Wakatake U-12(7人制):グループステージの対戦相手は非常に手強かったが、4-1の勝利を飾ってチャンピオンシップ・ノックアウトフェーズへ進出。これにより、最終的にこのカテゴリーで優勝を飾るカタルーニャ最大のクラブ、FCバルセロナと対戦することができた。


バルセロナ


以下同大会へサポートして頂いた元日本代表10番岩本輝雄さん /

株式会社 INSTINCT BROTHERS 代表取締役会長兼 CEO永野友喜さん

よりコメントを頂戴しております。


こんにちは!

U12 - A の監督を務めさせていただきました、岩本輝雄です。

MIC Football 2024 に参加し、素晴らしい経験ができたことを心から嬉しく思います。

当大会は、まさに大人のワールドカップと同じような大会であり、その規模や熱気に驚いてい ます。チーム同士の熱い戦い、選手たちの情熱、そして応援する人々の声援が非常に印象的でし た。

サッカーはチームスポーツです。一人ひとりが力を合わせて、努力し、成長していくことが大切 です。

今回の大会でみなさんは素晴らしいプレーを見せてくれました。勝ち負けもありますが、 大切なのはその経験から学び、次につなげていくことです。

試合中、試合後に伝えた内容を忘れずに、これからも取り組んでもらいたいと思います。

未来の スター選手たちとして、さらに成長していくことを応援しています。

岩本輝雄


こんにちは!

本日、私、永野友喜は、MIC Football 2024 における我々の活動について、心からの感謝と共にお伝えしたいと思います。

まず、結果としては厳しいものとなりましたが、この大会から多くの学びを得ることができました。勝利も敗北も、全ては成長の機会であり、子供達やスタッフの皆さんから多くの教えを頂きました。

本大会は、単なるサッカーの試合に留まらず、チームワークやコミュニケーションの大切さを改めて学ぶ機会となりました。脳科学の観点からも、目標を設定し、それに向かって努力することがいかに重要かを実感しました。

そして、何よりも大切なのは、全員が同じ志を持ち、一体となって取り組むことです。チー ムは個々の力だけではなく、全員の協力と助け合いで成り立っています。そのことを再確認し、今後も同じ志を持って前進していきます。

弊社の事業は再生医療バイオテクニカルカンパニーですが、我々は単なるビジネスだけでなく、子供たちの夢や希望を支え、未来のスター選手を育てる使命を果たすことを使命と考えています。これからも WAKATAKE と共に、世界中の若き才能を支援し、未来への可能性を広げていきます。

最後に、この大会に参加したすべての選手、監督、コーチ、保護者、そして大会関係者に心からの感謝を申し上げます。皆さんの支えがあってこそ、私たちは今回の大会に参加し、多くの貴重な経験を積むことができました。

今後も、サッカーの楽しさと大会の価値を広め、次世代の選手たちの成長を応援していきま す。

ありがとうございました。

永野友喜

株式会社 INSTINCT BROTHERS 代表取締役会長兼 CEO


岩本輝雄

閲覧数:248回0件のコメント

Comments


bottom of page